お金借りるとは何か?

お金借りる、とはいわゆる借金(ローン)の事です。お金を借りる行為にはいろいろあると思いますが、友達や同僚などから「ちょっとお金貸して」という感じで借りることも、携帯電話の購入の際の企業による言い方を工夫した借金も、借金という言葉のイメージである「家」「車」「企業」等が大きく分類されるのではないかと思います。もしくは規格外の金利を設定している「サラ金」「闇金」等も借金です。

先ほど「金利」という言葉が出てきましたが、これがお金借りる際のキーポイントであるのです。お金借りる際には必ずと言っていいほど利息が付きます。あくまで例ですが100万円借りたら105万円の返済が必要になる、ということです。100万円に5%の金利が付き105万円になるわけで、5万円は貸し手の利益になるわけです。お金借りるにかかわることは、ビジネスなのです。100万円で借りて、100万円で返す、これができれば借金も苦労は少ないのですが。とはいえ私たちは借金を背負わなければ生活に支障をきたしてしまうこともまた事実なのです。

このブログ記事について

このページは、pjが2013年1月 7日 14:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「連帯債務でお金借りる」です。

次のブログ記事は「責任もってお金借りる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。