2014年10月アーカイブ

ドラマ「花のズボラ飯」は、夫が単身赴任となってしまった主婦・駒沢花が、毎日のごはんを手抜きメニュー(ズボラ飯)で乗り切ろうとするグルメ漫画をテレビドラマ化されたものである。
駒沢花は、東京に住む30歳の主婦で、手間いらずで美味しい『ズボラ飯』を作って食べるのが好き。部屋を片付けるのが苦手で単身赴任中の旦那が帰ってくるとき以外は散らかったまま。
そのため、掃除・洗濯は花にとって一大イベントである。
バイト先の本屋でカップルにイライラ、ペットの飼い主や靴屋の店員、隣からの騒音にイライラ。しびれを切らし隣に注意しに行く。そしたら、お詫びに栗をもらったが栗料理を考えるが、あまりの手間で挫折してしまう。だが、クリつながりで「クリームシチュー」を作り、あまりの美味しさで幸せを感じる花だった。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。